超短時間型の睡眠薬として人気のソナタについて紹介します。

ソナタの効果と特徴

ソナタ

超短時間型の睡眠薬に、「ソナタ」というものがあるのをご存知でしょうか。

睡眠薬を今まで利用したことがない、調べたこともない人にとっては、名前を聞いただけでは一体何の薬なのかも、そもそも薬なのかどうかもわからないと思います。

ソナタの知名度はそんなに高くはないですが、ルネスタと同じく非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬としては非常に高い効果を誇る優れた睡眠薬の1つなのです。

ソナタを利用して不眠症改善している人も多くいます。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の特徴として、効果の割に副作用が少ないということが挙げられますが、このソナタも例外なく、副作用はほとんど出ません。

安全性はもちろんのこと、もたらされる効果もじゅうぶん期待することができるので、初めて睡眠薬を利用する人にもオススメできる睡眠薬なのです。

ソナタは即効性が高い睡眠薬ということもあり、入眠困難の症状に対して効果絶大です。

寝付きが悪い人というのは、眠る前に睡眠を阻害するブルーライトの光をよく浴びてしまう、考え事をして眠れなくなる、など睡眠に対してあまり意識していない人が多い傾向にあります。

確かに、眠る前に1人きりで布団に入ると、考えなくてもいいことまで考えてしまうときもあると思います。仕事のストレス、友人関係のいざこざ、いろいろ考えてしまいますよね?

しかし、考え事をしてしまうとどんどん眠れない状況を作り出してしまうので、出来れば就寝時には無心になることが求められます。

とはいえ、そんなことは意識しても出来るわけもなく、むしろ意識すればするほど眠れなくなってしまうものです。

そのため、多くの人が布団に入ってから寝付くまで長い時間を要してしまうのです。

そういう寝付きの悪い状態に効果があるのが、ソナタのような超短時間型の睡眠薬です。

服用後、早い人だと10~20分程度で眠りにつくことができます。

眠る前に余計なことを考えてしまう前に薬の効果が見られるので、あっという間に眠りにつくことができるのです。

また、精神的な緊張感を和らげる、不安感を取り除く効果もあるので、ただ眠りにつけるだけでなく、抗不安薬としても利用することができます。

うつ病治療などでも用いられるほどなので、効果は十分期待できるでしょう。

ストレスなどで不眠症の症状を発症してしまっているのであれば、ソナタのような超短時間型の睡眠薬はオススメです。

ソナタの作用機序と作用時間

ソナタの作用機序を説明する医者

ソナタの有効成分は「ザレプロン」で、服用後このザレプロンが脳内のGABA-A受容体と呼ばれるものに作用し、抑制性神経伝達物質であるGABAを増加させることによって、緊張や興奮、不安を緩和させる働きがあります。

体や脳に何らかの大きな変化が現れるのではなく、脳神経の興奮状態が抑制され、より睡眠状態へ誘いやすいようにすることができるのがこのザレプロンの作用なのです。

GABAがストレス解消に効果的なのは知っていると思いますが、ストレスだけでなく、筋肉をリラックスさせる、自律神経のバランスを整える、など睡眠時に求められることを叶えてくれる物質でもあります。

GABAはどんな人の脳内にもあるので、元々持っているGABAを最大限に引き出すことによって、精神状態を安定に導き、そして自然な状態での睡眠を促すことがこのソナタの持つ催眠作用なのです。

ソナタは超短時間型の睡眠薬に分類されていますが、実際にその作用時間はどれくらいなのか気になるところだと思うので、ここでご紹介します。

ソナタの半減期は、約3~5時間程度と言われています。

ソナタは血中濃度が最高値に到達するのに1時間程度しかかからないので、その後2、3時間かけてゆっくりと薬が効いてくる、ということになります。

血中濃度が最高値に到達するまでの時間が非常に短く、服用後の即効性は十分期待できることもあり、入眠困難の症状には十分効果的です。

作用時間は5時間前後と言われているので、中途覚醒など睡眠後になにかしらの障害が生じる不眠症の症状にはあまり効果を発揮しないと言われています。

というのも、半減期が短いので、最も作用してほしい時間帯にはもうソナタの効力は切れてしまうことになります。

そのため、入眠困難の症状を改善する以外には利用しないようにしましょう。

しかし、作用時間が非常に短いということで、翌朝への薬の持ち越しがほとんどないことが人気の理由でもあるのです。

5~6時間程度しか睡眠時間が確保できなさそうな場合に服用すれば、スッと眠りにつく事ができますし、朝もスッキリ起床することができるのでかなりの熟眠効果を得ることができるでしょう。

もちろん、医薬品には個人差があるので、一般的な作用時間よりも長く薬の効果が続いてしまうこともあります。

そうなってしまうと、朝の持ち越しが発生してしまう危険性もあるので、薬が効きやすいと感じる人は、自分の睡眠時間と薬の作用時間を照らし合わせるようにしましょう。

ソナタの服用方法と注意点

ソナタを服用する女性

ソナタの服用方法は、一般的な医薬品の服用方法と大差はありません。

服用時には、必ず水かぬるま湯で服用するようにしましょう。

たまにジュースなどで飲む人もいるようですが、それは望ましくはありません。

特に、アルコール類と一緒に服用することは非常に危険と言われています

アルコールには多少の催眠効果があるので、睡眠薬の効果をさらに倍増させてしまう危険性があり、重篤な副作用を引き起こす原因にもなりかねません。

アルコール類で医薬品を飲む人はそうそういないので大丈夫だとは思いますが、服用前後のアルコール類の摂取も禁止されています。

体内にアルコールの成分が残ってしまっていることが問題なので、ソナタを服用する際にはアルコールの摂取を控えるようにしましょう。

また、ソナタは超短時間型の睡眠薬ということもあり、すぐに催眠効果がやってきます。

そのため、服用のタイミングが重要になってきます。

寝る支度が完全にできた状態で服用しなければ、望んでいない時間に催眠効果が現れてしまうことになります。

基本的には、超短時間型睡眠薬は就寝時刻の10分前に服用することが望ましいと言われています。

その頃にはもう布団に入り、いつでも眠りにつけるようにしておきましょう。

もちろん、外出などはしてはいけません。

外出先で急激な睡魔に襲われてしまうかもしれないので、非常に危険です。

筋弛緩作用も少なからずあるので、小さな段差でもつまずいてしまう危険性もあります。

催眠効果がある時の外出は危険に溢れているので、ソナタの服用後には眠れる体勢を整えておきましょう。

ソナタなどの睡眠薬で最も危険とされているのは、摂取量の間違いです。

ソナタは、基本的に1日1回眠る前に1錠(10mg)を服用することになります。

高齢者や体が比較的小さい人は、その半分の5mgから服用を開始することが推奨されていますが、成人している人であれば問題なく1回1錠で十分効果は期待することができるでしょう。

しかし、他の睡眠薬の場合には、1回に30mg服用しなければならないものもあったりもします。

別の睡眠薬を利用していたが、ソナタに乗り換えたという人は、以前使っていた睡眠薬と同じように服用してしまうと、摂取量が大きく異なってしまい、場合によっては重篤な副作用を引き起こす危険性も十分あるのです。

睡眠薬は、摂取量を勝手に変えることは禁止されているので、まずは用法用量をしっかりと確認しておきましょう。

ソナタの購入方法

ソナタを購入する女性

ソナタを購入する際、他の医薬品のように病院に行って処方してもらうというのはできません。

日本の医薬品の認可基準は非常に厳しいので、服用することで害が発生することがない医薬品ですらなかなか認可されていないのが現状です。

ソナタもその1つで、日本国内で購入することは不可能なのです。

ソナタは日本国内では未承認の医薬品ではありますが、海外の医療機関では処方箋を必要とするきちんとした医薬品なのです。

では、ソナタを手に入れるのは不可能なのか、と思いますよね。

率直に言うと、ソナタそのものを手に入れるのは不可能です。

しかし、ソナタのジェネリックであれば、日本に居ながらにして購入することが可能になります。

その方法は、個人輸入というものです。

日本での取り扱いがない医薬品を、海外から輸入して購入することは、厚生労働省でも認められている合法的な購入方法なのです。

最近では、個人輸入を利用して医薬品を購入している人もかなり増えてきているので、違法取引をしている通販サイトにさえ捕まらなければ、確実にいい医薬品を手に入れることができます。

個人輸入を利用する際には、あくまでも個人で利用することを目的として輸入することになるので、購入可能な量が決まっています。

ソナタの場合、有効成分やそのもたらす効果から一度に30錠までであれば一気に購入可能という規定があります。

基本的に1日1錠なので、毎日服用しようと思うのであれば約1ヶ月分を購入することになります。

ほとんどの人は1ヶ月も服用し続ければ十分不眠症の改善はできると思いますが、中には過度のストレスが原因でなかなか不眠症が治らない人もいると思います。

その場合、継続して購入するのであれば早めに注文しておくようにしましょう。

というのも、個人輸入を利用して購入する場合には、商品到着までに時間を要することになります。

なので、求めている時にソナタが手元にない!なんてことも十分起こりうるのです。

そうならないようにするためにも、早め早めの注文を心がけるようにしましょう。

個人輸入を利用するメリットとしては、処方箋など面倒なものが一切必要ないということが挙げられます。

不眠症の症状は、正直な話自分が一番理解していると思います。

医師に相談しなくても、不眠症なのかどうかは分かるはずです。

わざわざ病院に行くのも面倒なときには、通販サイトを利用して手っ取り早くソナタを手に入れましょう。

病院に行く手間も、診察にかかる費用もかからないですし、薬代そのものもかなり安いので、お得に不眠症改善できるでしょう。

ソナタのジェネリック

ソナタのジェネリック

現在の日本において、ジェネリック医薬品を服用している人はかなり増えてきていると言われています。

ここ数年でかなり利用者が増え、先発医薬品を利用していた人も徐々にジェネリック医薬品に乗り換えている傾向にあります。

ジェネリック医薬品は、安価であるにも関わらず、そのもたらす効果が絶大であるということが高く評価されている理由なのです。

今回ご紹介しているソナタにも、ジェネリック医薬品が存在します。

有効成分も、その配合量も一緒なので、もちろんもたらされる効果も先発医薬品であるソナタと一緒です。

しかし、ソナタジェネリックのほうが副作用の出る可能性が低いのが特徴です

ほぼ起こらないとされていますが、ごくまれに体調不良などと相まって副作用が出てしまうことがあります。

その症状は、めまいや立ちくらみ、吐き気などですが、重篤な副作用は多量摂取や併用禁忌の医薬品と一緒に服用する、など危険とされている服用方法をしない限りは出ることはありません。

安全性は非常に高いので、睡眠薬を使い始めるのにはオススメできます。

しかも、ソナタジェネリックなら個人輸入で誰でも簡単に購入することが出来るので、入手方法から考えても、日本に住んでいるのであればソナタジェネリックのほうが便利に利用することが出来るでしょう。

また、ジェネリック医薬品の最大の売りは、価格の安さです。

ソナタジェネリックの場合、1錠あたり50円以下で購入することが可能です。

先発医薬品の場合、開発するのに数十年近くかかるので、かかった費用がその薬の料金に上乗せされることになり、薬の価格はなかなか高額になってしまいます。

しかし、ジェネリック医薬品の場合には、数年で製薬することが出来るので、その分開発費用も抑えることが可能になり、薬の価格も安いものだと半額以下まで安くすることが出来るのです。

安全性も高く、効果も絶大な医薬品をお得に購入できるということが、ジェネリック医薬品が人気になった理由でもあるのです。

とはいえ、海外で開発されている薬に多少の不安感は抱いていることと思います。

海外製の商品や食品に対して抵抗を感じている人は、医薬品となると余計に抵抗があると思います。

しかし、ソナタジェネリックはジェネリック大国と呼ばれているほど、様々な医薬品のジェネリックを開発しているインドの製薬会社が作っているので、信用するには十分なほどの人気と実績を兼ね備えているのです。

海外医薬品に対して抱いている不安も拭えるほど、効果は期待できるものばかり販売しています。

とはいえ、睡眠薬は種類豊富なので慎重に選ぶ必要があります。

価格や効果なども加味して十分熟考し、早く不眠症の症状を改善するようにしましょう。