メラトニンのサプリメントの副作用について紹介します。

メラトニンサプリの副作用

副作用を理解しましょう

日本人の5人に1人が何かしらの睡眠に関しての問題があるとされています。
その中の多くの方が睡眠のサポートに医薬品やメラトニンサプリメントを利用しています。

医薬品である睡眠薬は少なからず抵抗がある方もいると思います。
副作用であったりデメリットがあるためです。

・薬に対して依存が強くなってしまい薬がないと寝ることができなくなる


・精神的に不安定になることがある


・日中も頭がうまく働かない


など副作用が数多くあるとされています。
その為、睡眠薬には抵抗があるけどサプリなら問題ないと考える方が多いようです。

但し、メラトニンのサプリにも副作用はあります。
使用をする際は必ず副作用を知った上で、正しく使用しましょう。
ではメラトニンサプリの主な副作用をご紹介します。

・悪夢を見る可能性が高まることです。もちろんストレスや精神状態が関係しますが、眠りが浅い状態であるといえます。

・生殖機能に問題がおこる場合があります。男性の場合はED(勃起不全)であったり、女性だと不妊の原因になる場合もあります。

正しく用いることが重要

また、服用が当たり前になると自身の力だけでは、寝ることが困難になるといった症状が出てしまうこともあります。
これは、睡眠薬も同じです。
使い続けると体に免疫ができ、効果が徐々に少なくなるとされています。
その為、飲み始めは効果のあった使用量では寝ることができなくなり、服用する量を少しずつ増やさなければならなくなります。

誤った使用量を服用したり、服用する時間が不規則になるとさらに体内時計が乱れる原因となります。
その結果、ますますサプリが手放せなくなってしまいます。
他にも腹痛や下痢、頭痛などさまざま症状が出てしまうこともあります。

きちんと飲む方にあった使用量を守ること、依存せずに済むようにサプリに頼り過ぎないなど、飲む際は注意が必要です。
1番の解決策は、サプリや睡眠薬を必要とせずに問題なく眠りにつくことです。
その為には、入眠障害の原因を理解し、原因を排除する努力が必要です。