睡眠薬にはいくつかの種類があります。その中でも副作用のリスクが低い非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬「ルネスタ」について紹介します。

ルネスタの効果と特徴

ルネスタ

現在、多くの人に利用されている睡眠薬の種類は、大きく分けてベンゾジアゼピン系と、非ベンゾジアゼピン系の2種類です。

ベンゾジアゼピン系は、脳の興奮状態を抑える神経伝達物質(GABA)の働きを促すことで、脳を興奮状態から覚めさせ、眠りやすい状態へと誘います。

非ベンゾジアゼピン系は、働きとしてはベンゾジアゼピン系と一緒です。

しかし、非ベンゾジアゼピン系のほうが副作用の出る可能性が非常に低いということで、安全性を考えて利用している人が増えているのです

効果はきちんと期待できる、しかも副作用のリスクも低いので、非ベンゾジアゼピン系は非常に優れた睡眠薬なのです。

そんな非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の中でも、特に人気があるのは「ルネスタ」という睡眠薬です。

ルネスタは、2012年に販売開始された睡眠薬で、アモバンという非常に人気のある睡眠薬の副作用を極限まで軽減させるために作られたものになります。

なので、もたらされる効果も酷似しており、アモバンを利用していた人たちも安全性を求めてルネスタに乗り換えている傾向にあるのです。

このルネスタは、服用後にすぐに効果が見られ、薬の効果が切れるのも早いことから「超短時間型の睡眠薬」と呼ばれています

睡眠薬では、薬の持ち越し効果が非常に危険視されており、日中にも薬の効果が残ってしまうことで仕事中などにも急激な睡魔に襲われてしまうなど、日常生活に支障をきたしてしまいます。

ルネスタにはこれがほぼないため、薬を服用しても睡眠時にきっちり効果が切れることが非常に喜ばれています。

普通の医薬品の場合には、長く効果が持続してほしいと思うものですが、睡眠薬の場合には時間がきたら切れてほしいものなので、そういう点で言えば超短時間型の睡眠薬は使いやすいのではないでしょうか。

超短時間型のルネスタが向いている不眠症の症状は、入眠障害や中途覚醒です。

全部の不眠症に効果的なのではないの?と思いますよね?

というのも、熟眠障害や早朝覚醒に関しては、そこまで効果が持たない可能性があるのです。

超短時間型なので、なかなか寝付くことができない入眠困難、寝ても直ぐに目が覚めてしまう中途覚醒にはかなりの効果を発揮します。

このように、睡眠薬にはそれぞれ効果の持続時間が異なるので、自分の抱えている症状にピッタリの持続時間の睡眠薬を選ぶ必要があります。

ルネスタの作用機序と作用時間

ルネスタの作用機序を説明する医者

非ベンゾジアゼピン系であるルネスタが、人体に入ることによりどのような作用をすることで睡眠状態へと誘うのか気になりませんか?

睡眠障害を引き起こす要因となるのは、神経系が興奮状態にあるということです。

睡眠不足続きでどれだけ眠くても、ライブハウスなどで目の前に大好きなアーティストが演奏していたら一気に目が覚めませんか?

人は興奮すると、睡眠どころではなくなってしまう生き物なのです。

その状態を左右するのが「GABA」という物質です。

GABAは脳内に存在する物質で、神経伝達物質の働きを抑えることから抑制性神経伝達物質とも呼ばれています。

そのGABAは、GABA受容体というところに結合することで、働きをより増強させます。

つまり、GABAがGABA受容体と結合すると、人は興奮状態が抑えられ、自然と眠気が起こるということなのです

非ベンゾジアゼピン系のルネスタには、興奮状態を沈めるのに必須のGABAの働きを強める作用があります。

ルネスタには、興奮を鎮めることと同時に、抗不安作用、筋弛緩作用を与えることができます。

抗不安作用というのはその名の通り、不安を和らげる作用です。

ストレスなどで考え込んでしまっている人もいるかも知れないですが、そういう不安感も鎮めてくれる作用があるのです。

筋弛緩作用というのは、筋肉が緊張していることによって睡眠を害されている危険性があるので、それを緩和するという作用です。

年配の人だと、筋弛緩作用によって転倒などが見られるということで危険とも言われていますが、足腰がしっかりした人であれば、さほど変化は見られません。

非ベンゾジアゼピン系は特にこの筋弛緩作用が少ないと言われており、催眠作用により特化したものとなっています。

なので、ルネスタを服用する際には、さほど作用の強さを心配する必要はないでしょう

ルネスタは超短時間型に分類される、という話をしましたが、超短時間とは一体どれくらい短時間なのか、と思いませんか?

あまりに短いのもどうなの?と思う人もいると思います。

ルネスタなどの超短時間型の睡眠薬の半減期は、2~4時間とされています。

半減期というのは、薬を服用し、その成分の血中濃度が最高値に達してから半分になるまでにかかる時間のことを指し、半減期はその薬がどのくらい作用するのかをはかる目安にもなるのです。

2~4時間ということは、服用後1時間前後で血中濃度は最高値に達する、ということになります。

そして、その後はゆるやかに下降を続け、5時間程度で薬の効果はほぼ完全になくなります。

いくら高評価の睡眠薬でも、自分の求めている効果がもたらされないのは、この半減期、作用時間が症状に合っていない場合です。

睡眠薬を購入する際には、薬の作用時間には要注意です。

ルネスタの服用方法と注意点

ルネスタを服用する女性

ルネスタは服用のタイミングが非常に重要です。

半減期も非常に短いので、タイミングを逃せば何の効果ももたらされることがないというようなことになってしまいかねません。

薬を効果的に服用しようと思うのであれば、正しい服用方法で服用することが必要になってきます。

用量に関して言えば、基本的には1回2mgを就寝前に服用します。

高齢者の場合には、ふらつきなどの副作用が出てしまう可能性があるので、最も少ない1mgを服用することになります。

最大でも3mgまでしか服用してはいけないので、飲んでもなかなか効果が見られないからといって勝手に服用量を変えてはいけません。

量を増やしても、ただただ副作用のリスクを高めるだけなので、いいことは何一つありません。

また、ルネスタは何と言っても即効性が優れた睡眠薬なので、服用後すぐに眠気が来るようです。

薬の効きやすい人、効きにくい人といると思いますが、効きやすいと思うのであれば布団に入って眠る準備が完了する10分前くらいに服用すると、いいタイミングで眠りにつけるようです。

当たり前のことではありますが、睡眠薬服用後の外出や運転は禁止されています。

集中力がなくなってしまう可能性がありますし、運転中に急激な睡魔に襲われて、事故に発展してしまう危険性も大いにあります。

薬がなかなか効かない人も、ルネスタを服用するのは完全に眠る準備ができてからにしましょう。

階段の昇降などもあまり望ましくないので、トイレに行くなどで階段を使わなければいけない人は、じゅうぶん気をつけるようにしましょう。

寝る直前に服用することが望ましいのには、もう1つ理由があります。

ルネスタは、空腹時に服用することで効果を期待することが出来る睡眠薬です。

食後などは胃に食べ物がたくさん入っている状態なので、血中濃度があがるのに非常に長い時間を要してしまいます。

寝る直前まで食べている人というのはそうそういないと思いますし、食べるのは眠る3時間前までにしよう、ということもよく言われているので、それをきちんと実践できている人であれば、眠る前はちょうどいい感じの状態になり、薬の効果をじゅうぶんに期待することが出来るでしょう。

また、食べ合わせや飲み合わせによっても副作用のリスクを高める危険性があります。

空腹時に服用する方がいいので、食べ物に関しては気にかけるかもしれないですが、飲み物は大丈夫だろうと思っている人も多いと思います。

しかし、カフェインを含むお茶、紅茶、コーヒーなどは効果を薄めてしまう危険性があるので、それらも避けるようにしましょう。

ルネスタの購入方法

ルネスタを購入する女性

医薬品はなるべく手っ取り早く手に入れたいと思いませんか?

病院に行って処方してもらうのにはなかなかの労力が必要になりますよね。

もちろん、時間もお金もかかります。

ルネスタのように、一般的なドラッグストアには販売されていないような医薬品ともなると、そんなに余計に時間もお金もかかるなら、別にいいや、と諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

わざわざ病院まで足を運んだのにも関わらず、ルネスタを処方してもらえないことも十分有り得る話なので、正直確実に手に入る方法とは言い難いです。

そんな人達に朗報です。医薬品を購入する方法は、医療機関に行って処方してもらうだけではないのです。

通販を利用すれば、家に居ながらにして医薬品を購入することが出来るのです。

とはいえ、通販で医薬品を購入するのってなんとなく不安に思いませんか?

医薬品って通販してはいけないのでは…?と疑がっている人も多いと思います。

医薬品の通販…いかにも法律に反しているようなニオイがしますよね。

しかし、通販で医薬品を購入する際、海外医薬品を個人で利用することを目的として輸入してくる個人輸入であれば、ルネスタを購入することができるのです。

この方法は厚生労働省できちんと認められているので、法律的なことを気にする必要はありません。

しかも、海外の医薬品は非常に安価で販売されているので、薬代はかなり削れます。

医療機関に行く場合には、初診料、診察料などもかかるので、薬だけ貰いたかったのに薬代の倍近く払っている…なんてこともあるでしょう。

通販でルネスタを購入すると、かなりコスト的には削減できるので、長期で考えている人、おためしで使ってみようと思う人にとってはかなり嬉しいのではないでしょうか。

また、通販を利用すれば、実際に利用した人たちの口コミ情報を見ることができます。

ルネスタはいくら副作用が出にくい睡眠薬といっても、やはり実際に使った人たちの声は気になるところだと思います。

きちんと効果はあったのか、目立った副作用は出なかったか、その点を詳しく記入してくれている口コミ情報も数多くあります。

周りに睡眠薬を利用している人がいないから、実際のところ睡眠薬ってどうなの?と思うかもしれないですが、そういう不安感は口コミ情報でかなり拭うことが出来ると思います。

通販サイト内の情報は、どれもきちんと役に立ちます。

あらゆる情報をフル活用して、睡眠薬の良し悪しを判断してみるのもいいでしょう。

ルネスタのジェネリック

ルネスタのジェネリック

ルネスタには、今日本でも大注目を浴びている「ジェネリック医薬品」があります。

ジェネリック医薬品は聞いたことはあるけど、正確にはナニモノか分からない…という人も多いのではないでしょうか。

簡単に説明すると、ジェネリック医薬品というのは、先発医薬品と同じ効果をもたらすことを前提として作られた後発医薬品のことをいいます。

先発医薬品は、開発されたあと数年間はその医薬品には特許が発生するので、同じ効果をもたらす医薬品は他の製薬会社に作られることはありません。

しかし、その特許もしばらくしたら切れ、他の製薬会社が作ることも可能になります。

同じ製法、同じ成分で同じ効果をもたらすことを前提として誕生したのが後発医薬品、いわゆる「ジェネリック医薬品」です。

なぜジェネリック医薬品の方がこんなにも人気が出ているのか、同じ効果なら実績のある先発医薬品でいいのではないか、と思いますよね?

その理由は、ジェネリック医薬品は、先発医薬品同様高い効果をもたらしてくれるにも関わらず、先発医薬品よりも圧倒的に安価で購入できるからなのです。

先発医薬品開発時には、多額の費用がかかります。

新しい薬を一から作るのはもちろん容易な話ではなく、何度も失敗を繰り返してやっとの思いで作り出された薬なので、販売価格もそれなりに高騰してしまいます。

しかし、ジェネリック医薬品はその製法をお借りして作る、というような形を取っているので、開発費用などは一切関係ないのです。

なので、販売価格も安価に出来る、ということなのです。

あらゆる先発医薬品のジェネリック医薬品が販売されており、今回ご紹介しているルネスタにも、ルネスタ・ジェネリックというものが存在します。

もちろん、先発医薬品であるルネスタともたらす効果は一緒です。含まれている有効成分の量も一緒なので、起こりうる副作用に関しても一緒と言えます。

ほぼ一緒の薬、と言っても過言ではないので、ブランド医薬品でなければ嫌!というようなこだわりが一切ないのであれば、ルネスタ・ジェネリックで十分満足できると思います。

服用方法や服用上の注意点もほとんど変わりはないですが、ルネスタからルネスタ・ジェネリックに乗り換えようと思っている人は、一応念のため改めて服用方法を確認しておくようにしましょう。

先発医薬品であるルネスタが十分実績を残している、そのルネスタのジェネリック医薬品ということは、十分信用に値するのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品は、価格は安いのに安全性はかなり高いので、睡眠薬デビューにはもってこいの医薬品でしょう。