メラトニンを増やすことで不眠を改善することができます。メラトニンを分泌させる方法を紹介しています。

メラトニンを増やすには

危険なメラトニン不足

睡眠のことでは悩みを持つ人が多く、なかには薬が必要なほど不眠で悩まれている方もありますが、不眠をはじめとする入眠障害になってしまうにはそれなりの原因があります。

ストレスなども睡眠には影響が出やすいですが、そのほかにも原因はあり、その一つにメラトニン不足があげられます。

これは睡眠にとても必要なホルモンで、夜眠る際に体内時計に働きかけ、覚醒を睡眠を切り替えることで自然な眠りをさそう働きがあるとされており、体にはとても大事なホルモンです。

そして、このホルモンも加齢とともに減少する傾向にあり、年齢とともに不眠の悩みが出やすくなるとされています。

薬を利用して眠る方法もありますが、やはり薬には副作用もありますし、人によっては朝起きたときも薬が残ってしまう場合もありますので、できることな薬に頼らず、自然な睡眠が得られるようにしたいものです。
そして、そのためにはメラトニンをしっかり分泌させる必要があります。

具体的な方法

まず、朝は日光をしっかり浴びることが大事です。
朝の光を浴びることで脳にある体内時計が反応し、メラトニンの分泌が止まるとされています。
そして、夜にしっかり眠るためには日中しっかり体を動かして覚醒している状態にしておくことも大事です。

そして、逆に夜は刺激を遮断して、睡眠に自然と切り替わるようにしなくてはいけませんので、脳の興奮を抑えられるよう、テレビやゲーム機、パソコンやスマートフォンなどは早めに電源を落としておきましょう。

これらの画面から放出されるブルーライトがメラトニンの分泌を抑えてしまうとされていますので、早めに使用をやめたいですし、どうしても使わなくてはいけないときはブルーライトの刺激を抑える眼鏡なども活用すればかなり目に入るブルーライトは抑えられるといわれています。

それから部屋が明るいと体は起きていなくてはいけないと認識してしまいますので夜は証明を抑えるなどの工夫も必要です。
部屋をあまり明るい状態にせず、就寝の少し前は間接照明などで薄暗い状態にしておくのも自然な睡眠を得るには役立ってくれます。

それからメラトニンはトリプトファンからセロトニンを経て体内で合成されるものとなっていますので、しっかり分泌させるためにはトリプトファンをしっかり補うことも大事です。

トリプトファンは牛乳などの乳製品、豆乳や豆腐などの大豆製品、さらに肉類、魚類、そしてパスタや米などの穀類、バナナなどの果物など様々な食品に含まれていますので、トリプトファンの豊富な食品は積極的に摂っていきましょう。