睡眠にはメラトニンとセロトニンが重要です。メラトニンを摂取すると睡眠障害を改善することができます

メラトニンとは

睡眠ホルモンをご存知でしょうか?

メラトニンとは人間の体内で生成されるホルモンの一種で、睡眠ホルモンとも呼ばれています。
このホルモンが分泌されると、脈拍や体温、血圧がゆっくりと低下していきます。
これによって、脳は眠る準備ができたと判断し、自然な眠りに入っていくのです。

このホルモンは、日中はほとんど分泌されず、夕方から夜間にかけて多く分泌される仕組みになっています。
夜眠りにつけるよう、体が自然とそうプログラムされているのです。
つまりこのホルモンの分泌バランスが崩れたり、分泌量が減ったりすると、快適な睡眠をとることができなくなってしまいます。
これが不眠症などの睡眠障害へとつながる
のです。

また、このホルモンはセロトニンと呼ばれる脳内神経伝達物質から作られています。
セロトニンと言えば幸せホルモンとも呼ばれる、心身の安定やリラックスに不可欠なホルモンです。
これが不足すると、必然的にメラトニンが不足することになります。

セロトニンが不足すると、うつ病など心の病を引き起こすことで知られています。
この関係から、うつ病の方はメラトニン不足に陥っていることが多く、不眠症を発症する確率が非常に高いのです。

メラトニンの働き

この他にも、メラトニンは私たちの心身に非常に役立つ効果を持っています。

まず体内時計や生活リズムを整える働きがあります。
目覚めとともに太陽の光を浴びることで分泌のサイクルをリセットし、心身に朝だと認識させます。
こうすることで新たな体内時計が動き出し、夜に向けてホルモンが正しく分泌されるようになるのです。
この体内時計を整える効果が注目され、不眠症の治療や時差ボケの解消に利用されています。

また、抗酸化作用やナチュラルキラー細胞を活性化させ、細胞の免疫機能を強化させる働きもあります。
抗酸化作用とは、活性酸素など体に害となる物質を除去する
作用です。
こうすることで、細胞の酸化つまり老化を防ぎ、若さを保ったりアルツハイマー病や生活習慣病などの改善にも効果があると言われています。

さらに、ナチュラルキラー細胞は活性化することで癌や動脈硬化を防ぐ効果があり、がん治療にも利用されています。

こういった体の健康を保つという面でも、メラトニンには非常にメリットが多いのです。

メラトニンは上記の通り元々は体内にあるホルモンですが、サプリメントとして摂取すること可能です。

最近の日本では、パソコンやテレビ、携帯電話などで明るい光を浴びることが多く、分泌サイクルが狂って慢性的な睡眠不足に陥ってしまう子供が多いと言われています。
睡眠不足は子供の集中力や学習能力に影響を及ぼす場合もあるので注意が必要です。

メラトニンをサプリメントで上手く摂り入れ、上質な睡眠と健康を保っていきましょう。

睡眠と健康
睡眠は私たちの脳と体の健康を保ちます
入眠障害とは
入眠障害について詳しく解説します
入眠障害とは
サプリメント
メラトニンはサプリメントで補充できます
サプリ購入法
メラトニンサプリは通販で購入できます

メラトニンが不足する原因

メラトニンは様々な理由で枯渇します

睡眠にとってとても大切なメラトニンですが、この物質の不足は睡眠障害を引き起こす原因になるとされています。
ではどういうことが理由でこの物質が不足するのでしょうか。

メラトニンは一日の中でも分泌の量が変わっています。

朝起きて日の明かりに照らさせることで分泌量が減り、夕方になり太陽が沈み光を浴びなくなることで徐々に分泌量される量が増えます。
だいたい午前2時頃に分泌量がピークになるとされています。
電気を暗くすると眠気が増すのはこのことが理由にあります。
その為、朝目覚めて夜になると眠るというあたり前の生活をしている方は問題ありませんが、起きる時間や寝る時間が不規則であったり、バラバラな方はこの物質が不足しやすくなります。

食生活にも原因はあります。
メラトニンを作るには、セロトニンが必要となります。
セロトニンを作るためには、トリプトファンが原料として必要となり、肉や魚、卵など蛋白質を含んでいる食材から補えるので、食生活に乱れがあり、蛋白質が足りていないと結果的にメラトニン不足にも繋がります。

加齢が原因によるものがあります。
若い人と比べて50才ではこの物質の量は半分ほどに、70才では夜になっても分泌量が昼間とほぼ変わらなくなってしまいます。
若い時はいくらでも睡眠していられたのに、年をとる毎に長く床についていられなくなるのはこれが原因です。
老人が早起きなのも納得です。

その他の理由として、ストレスがあります。
メラトニンの分泌を助ける「幸せホルモン」であるセロトニンがストレスにより、抑えられてしまうためです。
誰しもが少なからずストレスを抱えていると思いますが、ストレスが睡眠障害につながり、さらに睡眠不足を引き起こすことでそれがまたストレスになるといった悪い循環が生じてしまいます。
さまざまな原因がありますが、複数の原因が重複している方も多いと思います。安眠のために不足する原因を少しでも取り除くことが重要です。

メラトニンとセロトニン

睡眠障害の原因の一つに睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが不足してしまうことがあげられます。
ではどうしてこの物質の不足が睡眠障害に関係するのでしょうか。

私たち人間は、一般的に日中に行動をして夜になると睡眠をとります。
これは人間を含めて一部を除く多くの動物たちも共通です。
この当たり前な生活リズムに関係があるのがメラトニンです。
この物質は、夕方~夜中にかけて少しずつ分泌する量が増えます。
量が増えると脈拍、体温、血圧などが低下します。
これにより脳が睡眠の時間であると認識し、眠気を覚えるように私たちの体はなっています。
今までの進化する過程で、太陽のリズムに合わせて体も動くように私たち人間の体はインプットされているのです。

そのため、この物質が上手に分泌できないとなかなか寝付けなかったり、眠りが浅いといった睡眠障害に陥ってしまうのです。
不足する原因としては、生活リズムの乱れがあります。
太陽に合わせて生活することでうまく分泌されているため、深夜まで活動をしていたり、昼夜が逆転してしまうことは問題になります。

そのほかにもストレスや運動不足などうまく分泌されない理由はさまざまです。

セロトニンという物質が不足すると結果的にメラトニンも不足してしまいます。
セロトニンという物質は、精神面に多大な影響があり、心を安らかに落ち着かせてくれる効果があり「幸せホルモン」とよく呼ばれます。
この物質も生活のリズムが乱れることが不足の原因となります。
必須アミノ酸の1つ、トリプトファンを原料として生成されるので、蛋白質を含んでいる食材から補う必要があります。

私たちの睡眠には、これらのメラトニン・セロトニンといった物質が非常に重要です。
生活習慣に乱れのある方は、きちんとこれらの物質が分泌されるように生活習慣の乱れを見直すことが良い睡眠のためには重要なのです。